切らずに治す眼瞼下垂:経結膜的ミュラー筋タッキング通糸法

 従来の眼瞼下垂に対する手術は、まぶたの皮膚を10〜15mm 切開し、まぶたを挙げる筋肉(眼瞼挙筋)を短縮することによって下がったまぶたを挙げるという方法です。

 この方法は眼瞼下垂の程度に関係なくまぶたを挙げることができるというメリットがありますが、まぶたの皮膚を切開し筋肉を切除するために、手術後の腫れと痛みが持続することと、抜糸をする必要があり、まぶたに傷が残るというデメリットがあります。

 当院で採用している「経結膜的ミュラー筋タッキング通糸法」は、まぶたの裏側に糸を通し、皮膚を切開することなくまぶたを挙げることができます。 局所麻酔薬の量も従来の1/4で済むため、手術後の腫れや出血、痛みがほとんど無く、手術時間も大幅に短縮できます。眼帯の必要もありませんので、手術終了後すぐに車の運転も可能です。

 眼瞼下垂の程度や種類によってはこの手術の適応とならない場合がありますが、まぶたが下がってきた感じがする、視野が狭い、肩こりや頭痛が続くといった症状がある方は、お気軽にご相談ください。