レーシック(近視矯正手術)

LASIKとは
Wavefrontとは
目の構造
LASIKとは
Wavefrontとは
目の構造
術前・術後

レーシックとは

LASIKとは

ほらっ!

世界が違ってみえる。

世界的に安全性を認められた
画期的な近視矯正法

 レーシックは、メガネやコンタクトレンズと並ぶ屈折矯正(近視や遠視、乱視の矯正)の方法として、眼科医療でも認められています。日本眼科学会においてもガイドラインが定められ、毎年開催される総会では、屈折矯正手術に関するプログラムや教育コースも組まれています。レーシックがレーザーを用いた治療であることや、病気の治療とは少し感覚が異なることから、美容医療のひとつと思われている方もいらっしゃるかもしれません。けれども、レーシックはれっきとした眼科医療です。

「角膜」という薄い透明な膜にレーザーを照射して、角膜のカーブを整え、近視や遠視、乱視を治します。0.5mmという薄い角膜を削って、近視や乱視を正確に治すことができるのは、レーザー技術の進歩とその照射をコンピューター制御により精巧に行えるようになったことが背景にあります。
 現在、レーシックで使用されているのは「エキシマレーザー」というレーザーです。エキシマレーザーは熱を持たないコールドレーザーです。そのため、熱による変性を起こしません。また、波長が短く角膜のコラーゲンが結合している部分を切断することでエネルギーが消滅します。目の中には届かず、角膜の表面だけに作用するため、角膜の治療に適しています。もともとエキシマレーザーは角膜の病気で角膜に濁りが生じた時に、その部分だけを切除する治療に用いられているレーザーです。それを近視や乱視、遠視の治療に応用したのがレーシックやPRKです。「目の手術」と聞くとなんだかとても怖いイメージを持ってしまいますが、「目の表面の治療」なのです。

 当院では、2002年に秋田県内で初めて、VISX社のエキシマレーザーを導入し、2012年にはAlcon社製のWave Lightを導入し短時間で高精度のレーシック手術を行っています。

レーシックの原理



エキシマレーザーを角膜に照射し、角膜組織をミクロン単位で取り除き、角膜の形を整えることにより、焦点を網膜上に結ばせ、屈折異常(近視・遠視・乱視)を矯正する。

レーシックの利点

  •  点眼麻酔による手術は短時間、入院も不要。
  •  術中、術後とも痛みはほとんど感じない。
  •  角膜の上皮を残すので、感染症の心配が少ない。
  •  手術後、視力の回復が早い。
  •  中度~強度の近視に対応可能。

このような方は近視矯正手術をご検討ください

  •  ドライアイやアレルギーなどでコンタクトレンズが使えない方。
  •  ボディコンタクトの多い激しいスポーツやスキューバダイビングなどをなさる方。
  •  職業上、メガネやコンタクトレンズが不向きな方。
  •  左右の視力に大きな差があり、メガネによる矯正が難しい方。

当院でのレーシック使用器具について

報道等でご存知の通り、使用器具の不潔な扱いにより、一部医療機関で重大な感染事故が起こってしまいました。
当院での手術器具は術中の感染症を起こさないように、常に滅菌消毒をしたもの、あるいは使用回数が限られている滅菌済みディスポーザブル器具を使用しています。白内障手術等の手術器具と同様に無菌的な取り扱いをしていますのでご安心下さい。

清潔プレート上の器具は全て滅菌消毒済み

清潔プレート上の器具は全て滅菌消毒済み

マイクロケラトームを初め全ての器具の取り扱い時は手術用手袋を着用

マイクロケラトームを初め全ての器具の取り扱い時は手術用手袋を着用

マイクロケラトームのブレード(刃)はディスポーザブル

マイクロケラトームのブレード(刃)はディスポーザブル

レーシック料金

*優待制度・各種割引のお知らせ

☆学生割引・紹介割引
学生(高校・大学・専門学校)、当院で矯正手術をお受けになった方からの紹介

☆ペア割引
2人以上同時に矯正手術を希望し、施術した場合

注:上記割引の併用はありません。

☆トポガイドLASIK
角膜の乱視成分の情報を正確に取り入れ、より正確な矯正が可能です。

両眼 380,000円
   350,000円 (学生割引・紹介割引)
   330,000円 (ペア割引)

目の構造

ご存じですか?
目の構造と屈折のメカニズム

 レーザーによる屈折矯正手術を受ける前に、目のしくみを知り、あなたの目がどんな状態なのか知っておくことが大切です。裸眼では網膜にうまくピントが合わない近視、遠視、乱視の状態を「屈折異常」と言います。屈折矯正手術をお受けになる前に、これらのメカニズムを知ることが、屈折矯正手術の原理を理解するための第一歩です。

正常な目 : 正視

正常な目


角膜を通った光は、角膜と水晶体で屈折し、網膜上で焦点が合います。網膜の上でピントが合っているので、はっきりと見えます。

近視

近視


角膜と水晶体の角膜の屈折力が強すぎる、または眼球が長いために、網膜の手前で焦点が合い、網膜上ではぼやけた状態で映ります

遠視

遠視


近視と逆に、角膜と水晶体の屈折力が弱いため、網膜より後ろで焦点が合い、網膜上でぼやけた状態で映ります。

乱視

乱視


角膜にひずみがあり、光の屈折力が均一でないため、通過する平行光線が一点で結合せず、像がぼやけたり、二重、三重に見えます。

Wavefrontとは

 この欄をお読みになっている方のほとんどは裸眼視力、あるいは矯正視力が1・0以上の方だと思います。私も眼鏡を装用した視力が1・5ありますが、私が見ている1・5の視標の見え方と、同じ視力である別の人が見ている1・5の視標の見え方は果たして同じと言えるでしょうか?

 視力は、視力検査表の輪(=ランドルト環)の切れ目が判るぎりぎりの大きさで判定されます。1・5の視標の切れ目が判っても、視標そのものの見え方は個人差があります。しかし、どのような見え方であっても切れ目が判る以上視力はどちらも1・5に変わりはないのです。ということは、同じ1・5の視力であっても、見え方は人それぞれで、個人差があるという事です。つまり、視力を表す数字上は1・5であっても、その見え方の『質(=クオリティ)』には差があるという事です。

 この差は一体どこから生まれるのでしょうか?

 虫メガネで太陽の光を上手に一点に集め、紙を燃やして遊んだ事がありますか?
 煙がゆらゆら立ち昇る中央の明るくまぶしい光の点。そこには、厳密には太陽の光全てが同時に集められているわけではありません。よく見ると光の束の中心から外れた所にも、ぼんやりとにじむような光が当たっているのが判ります。つまり、虫メガネ=レンズは全ての光を束ねる事は出来ないのです。束ねる事が出来なかった光のずれを『収差』と呼んでいます。収差には様々な種類と要素があるのですが、眼球をレンズの組み合わせによって出来ている光学系と考えれば、当然眼球の光の通り道にも収差が存在する事が判ります。

 一点から出た光は、光の受け皿である網膜上の一点に、にじむ事無く結像するのが理想ですが、収差がある以上それは不可能です。この収差こそが物の見え方の個人差を生む源です。言い換えれば、この収差を無くしてしまえば、物の見え方の『質』は向上するという事です。

 従来のレーザーによる屈折矯正手術では、この収差の問題に対応する事は出来ませんでしたが、眼球の持つ収差を計測する機器と、最新のレーザー照射システムを用いる事によって、この収差を軽減出来るようになりました。

 収差を軽減すると、理論的には視力2・0以上の、いわゆる『スーパービジョン』と呼ばれる視力を出す事も可能です。しかし、2・0以上の視力は日常生活においてはむしろ無意味で、この視力を得る事が目的ではありません。可能な限りクリアで、文句の付けようの無い、より質の高い見え方を得る事を目指しているのです。
(※当院ではこの収差対応のレーザー照射システムを導入しました)

○大館市北秋田郡医師会 お茶の間クリニック (平成16年11月12日掲載)

  角膜マップを基にレーザーを照射する            ウェーブフロントオプティマイズド照射           ウェーブフロントオプティマイズド照射ではない場合

                         焦点にばらつきが少ない                  焦点が一点に結びにくい           

術前・術後

視力回復の手順と術後のケアについて
~まずは、お気軽にご相談ください。~

 最新の医療技術を駆使したレーシックの普及で、近視矯正手術は、今までになく身近なものになりました。まずは、手術についての疑問点や、矯正手術によってどのくらいの視力の回復が可能なのかなど、専門医に相談し、納得がいくまで話し合ってください。

手術までの手順

1.電話予約
1.電話予約

診察をスムーズに進めるために、まず電話でご予約の上、ご来院ください。

↓
2.カウンセリング
2.カウンセリング

手術が可能かどうか、基本的な検査の後、充分に話し合い、納得いくまでご相談ください。

↓
3.精密検査

カウンセリング後、視力や目に関する精密な検査と全身の健康状態のチェックを行います。

↓
4.手術可否診断

手術に必要なデータが全て整った上で、専門医が診察をし、手術の可否を診断します。

↓
5.手術内容確認

手術日を決定し、手術内容について詳しく確認した後、手術同意書を書きます。

手術と手術後のアフターケア

1.当日
1.当日

手術後、しばらく休息し、診察を受けてから、保護用のサングラスなどを装用して帰宅していただきます。

↓
2.翌日
2.翌日

手術後の視力の回復状況を医師に報告し、手術結果と角膜の状態を確認するための診察検査を受けます。

↓
3.1週間

手術痕が治癒し、視力が安定するまでしばらく時間がかかります。手術後1週間程はあまり無理をしないよう心がけてください。

↓
4.1年間

手術後1年間は、経過を確認し、目の状態をきちんと管理するため、定期的に検査を受けてください。

術後の合併症

 レーシックは角膜を削ってフラップを作るため、これに関連した合併症が出ることがあります。
 合併症の具体例としては、暗い場所でものが見えにくい、車のヘッドライトや街灯などの光源がまぶしい、視力はあるが見え方がシャープでない、矯正した視力が低下する、眼が乾く、眼痛などの自覚症状が現れるケースがあります。
 しかし、レーシック手術後に見え方が安定するのは2週間から3ヶ月後です。上にあげた症状も、角膜の状態が安定し、角膜神経が再生してくるにしたがって徐々に消えて、良好な視力を維持できます。

手術手順

メスを使わず、
コンピュータ制御のレーザー照射で、
角膜の屈折力を矯正

 レーシックは、コンピュータ制御によるエキシマレーザーで1万分の1ミリ単位の精密さで角膜の表面組織を削ることで、角膜の屈折力を矯正します。手術にかかる時間は10分前後、実際のレーザー照射は30秒以内です。 

1.手術前に点眼麻酔を行います。

手術前に点眼麻酔を行います。

↓
2.角膜の表面をマイクロケラトームで薄くめくり、フラップ(ふた)をつくります。

角膜の表面をマイクロケラトームで薄くめくり、フラップ(ふた)をつくります。

↓
3.フラップを元の位置に正しく戻します。

フラップをめくり上げます。

↓
4.フラップを開いて、角膜組織にエキシマレーザーを照射し、屈折力を変えます。

角膜の実質にレーザーを照射します。

4.フラップを開いて、角膜組織にエキシマレーザーを照射し、屈折力を変えます。

フラップを元に戻し終了です。

手術実績データ

直近の手術実績15人30眼

※術後2週間~3ケ月のデータ

2008年5月~8月

性 別 年 齢 職 業   術 式 術 前 術 後 備 考
男性 18 学生
(保護者同意の上・職業選択の為)
右眼 Epi-LASIK 0.3 1.5  
左眼 0.15 1.2  
男性 31 会社員 右眼 LASIK 0.05 1.0  
左眼 0.06 1.0  
男性 44 医師 右眼 WaveFront 0.3 1.5 右眼のみ
左眼 1.5 1.5  
女性 26 歯科衛生士 右眼 WaveFront 0.03 1.5  
左眼 0.03 1.5  
女性 23 教員 右眼 WaveFront 0.03 1.5  
左眼 0.04 1.5  
女性 40 教師 右眼 WaveFront 0.05 1.2  
左眼 0.08 1.2  
男性 43 会社員 右眼 WaveFront 0.2 2.0  
左眼 0.06 2.0  
女性 42 事務 右眼 LASIK 0.03 1.5  
左眼 0.04 1.5  
男性 25 会社員 右眼 LASIK 0.03 1.5  
左眼 0.04 1.5  
男性 32 駅職員 右眼 WaveFront 0.06 1.5  
左眼 0.04 1.5  
男性 32 医師 右眼 WaveFront 0.04 1.5  
左眼 0.04 1.5  
女性 22 保育士 右眼 WaveFront 0.1 2.0  
左眼 0.1 2.0  
男性 43 公務員 右眼 WaveFront 0.2 2.0  
左眼 0.06 2.0  
女性 20 看護師 右眼 WaveFront 0.04 1.5  
左眼 0.06 1.5  
女性 34 会社員 右眼 WaveFront 0.07 1.5  
左眼 0.05 1.5  

フェイキキック IOL

 レーシックが受けられなかった方へ
  
『フェイキックIOL』のご紹介

 近視や乱視のレーシックによる矯正を目的に当院へ来院頂いた方の全てが、レーシック手術の適応となるわけではありません。

 角膜が薄い、円錐角膜の疑いがある、近視度数がレーザーの矯正範囲を超えている等との理由により、残念ながら手術を受けることが出来ない方もいらっしゃいます。これまでそのような方にとって近視や乱視を矯正する選択肢は他に無く、メガネやコンタクトレンズをそのままご使用頂くしかありませんでした。

 当院では2006年よりこのようなレーシック手術の適応とならなかった方たちのためにフェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ)』と呼ばれる、特殊な眼内レンズを用いた近視、乱視に対する矯正手術を行っています。

 フェイキックIOLは老人性白内障に用いられる眼内レンズとよく似ていますが、根本的な大きな違いがあります。

手術前 裸眼視力0.02

手術前 裸眼視力0.02

手術後 裸眼視力1.5

手術後 裸眼視力1.5

 白内障手術時に用いられる眼内レンズは、混濁した眼内の水晶体を摘出して、その代わりに挿入されるレンズであるのに対し、フェイキックIOLは水晶体には全く手を付けず、矯正目的だけに眼内にレンズを挿入するというものです。フェイキックIOLには色々な種類がありますが、当院で使用しているのは虹彩固定型とよばれるもので、眼の虹彩(=茶目の部分)に直接固定可能なレンズです。(写真は手術前と手術後) 

 レーシックが出来なかった方全てにこの手術が出来るわけではありませんが、これまであきらめるしかなかった方々にとって、フェイキックIOLは矯正方法の新たな選択肢となり得ます。
 この手術が日本で行われるようになったのは10年ほど前ですが、欧米では早くから安全性が認められ、日本においても現在レーシックと並ぶ屈折矯正手術になっています。

*フェイキックIOLを用いた手術は、特別な講習を受けた眼科専門医でなければ行うことが出来ません。