多焦点眼内レンズ(遠近両用眼内レンズ)

 一般的な白内障手術に使用される眼内レンズは、『単焦点レンズ』で、ピントの合う位置が1ヶ所しかありません。遠方にピントの合うレンズを眼内に挿入した場合は近くを見た時ボヤけてしまいます。一方、近くにピントの合うレンズを眼内に挿入した場合は遠方がボヤけてしまいます。(写真1・2)

 従って、ピントの合う位置から外れたものを見る場合はメガネによる矯正が必要です。

 新しい眼内レンズである『多焦点(遠近両用)眼内レンズ』は、文字通り遠方にも近方にもピントが合うレンズですので、手術後の日常生活の殆どにおいて眼鏡による矯正を必要としません。裸眼のまま車の運転やスポーツ、読書等が可能となりメガネをかけ外す煩わしさが解消されます。(写真3)

一般的な眼内レンズの見え方

写真1

遠方にピントが合うレンズを入れた場合。

時計や窓の外の景色は見えるが、手前の携帯やテーブルの上のもはぼやける

写真2

近方にピントが合うレンズを入れた場合。

手元の携帯は見えるが、遠くの時計や窓の外の景色はぼやける。

多焦点眼内レンズ(遠近両用眼内レンズ)の見え方

写真3

多焦点眼内レンズを入れた場合。

時計や窓の外の景色も、手前の携帯やテーブルも見える。

多焦点眼内レンズを用いた白内障手術は『先進医療』として承認されています。

多焦点眼内レンズを使用した 

患者さんより。

写真は直径7㎝ほどの、Soap Carving と呼ばれる石鹸に施される彫刻です。その繊細さは本物さえも凌駕する美しいものです。これは患者さんが手術後見えるようになって、その嬉しさを作品に仕上げ僕にプレゼントしてくれたバラの彫刻です。心地よい上品な石鹸の香りが診察室に漂います。見える喜びをこれに込めて掘ったものを僕がいただけるなんて、眼科医冥利に尽きます。作品も素敵ですが掘った方はもっと素敵な方なのは言うまでもありません。              


秋田市 M.T.さん作