Topics

メガネ いらないの?

白内障手術が変わります!! ~遠近両用眼内レンズのご紹介~

 従来の白内障手術で使用される眼内レンズ(人工レンズ)は、『単焦点レンズ』でした。
『単焦点レンズ』は文字通りピントが合う点が一つしかありません。

 レンズ度数を遠くに合わせた場合、遠方にはピントが合いますが、近くはぼけてしまいます。

 レンズ度数を近くに合わせた場合、近方にはピントが合いますが、遠くを見たときぼけてしまいます。        このため、ぼけて見える方は眼鏡での矯正が必要になります(写真1,2)


 しかし、昨年厚生労働省で認可された新しい眼内レンズ『多焦点(遠近両用)眼内レンズ』は、この問題点をほぼ解決しました。

 このレンズには遠方と近方両方に焦点を結ぶ働きがあり、これまでの眼内レンズのように、手術後に眼鏡による矯正をほとんどの場合必要としませんので、若いときと同じような見え方に近づけることが可能となりました。(写真3)

従来の眼内レンズの見え方

写真1 遠方は見えるが近くがぼける

写真1 遠方は見えるが近くがぼける

写真2 近方は見えるが遠くがぼける

写真2 近方は見えるが遠くがぼける

遠近両用眼内レンズの見え方

写真3 遠方も近方も両方見える

写真3 遠方も近方も両方見える

遠近両用眼内レンズを用いた白内障手術は「先進医療」として承認されています。

 当院での手術料金は400,000円(一眼・消費税込み)